【公演中止】イ・ムジチ合奏団 ~結成70年周年記念ツアー~

【公演中止】イ・ムジチ合奏団 ~結成70年周年記念ツアー~
©Ernesto De Angelis
くらら主催・共催

 今秋9月18日(土)に開催を予定しておりました「イ・ムジチ合奏団 結成70周年記念ツアー」公演は、新型コロナウイルス感染症および変異株急拡大の影響によって、日本への入国制限の緩和等が現時点で見通せないため、大変残念ながら公演中止が決定いたしました。公演を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。
公演中止に伴い、6月25日10:00からの「くららフレンズ」先行チケット販売と、7月3日の一般販売は行いません。また、延期日程等につきましても現在未定となっております。

苦渋の決断となりましたが、皆様のご理解を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 (2021年6月18日 掲載)                                         

 

 

くらら開館5周年記念 アンサンブルシリーズ第1弾

 

イ・ムジチが奏でるヴィヴァルディ「四季」は、永遠のベストセラー

~現存の室内アンサンブルとしては世界最古。室内楽の生ける歴史、イ・ムジチ~

 

時を重ねることで熟成し味が良くなるワインのように、

70年もの長きにわたり培ってきた演奏技術を着実に継承、その歴史を現代音楽界に刻んできた。

そこには、今日まで愛され続ける理由がある。

イタリアの高く突き抜ける青空のように明るい彼らのサウンドは、

今までもこれからも、人々の心を幸福感で満たしてくれることだろう。

 

《予定演奏曲》
ヴェルディ/オペラ「ナブッコ」から 序曲
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲集「四季」
イタリア映画音楽(エンニオ・モリコーネ、ニーノ・ロータ等)ほか

※曲目・曲順は変更する場合があります。

 

《イ・ムジチ合奏団 プロフィール》

イ・ムジチが歩んできた道のりはとてもユニークだ。1951年にローマのサンタ・チェチーリア音楽院の卒業生12人が結成して以来、今日まで精力的な演奏活動を続けており、現存の室内楽アンサンブルとしては世界最古となる。その活動の主たる功績として挙げられるのが、忘れ去られていた18世紀の名曲を掘り起こして再びスポットライトを当てたこと、またバロック音楽の傑作の数々を率先して録音してきたことだ。ヴィヴァルディの最高傑作として名高い「四季」を現代に紹介したのはまぎれもなくイ・ムジチである。今ではクラシック音楽の大定番として親しまれている同曲だが、イ・ムジチが幾度となく録音を重ねてきた「四季」のレコードやCDは、今日までに延べ2千5百万枚が世界中の人々の手元に渡っている。
1970年代には、クラシック音楽界の先駆けとしてコンサートの映像収録を行ったほか、初めてのCDをフィリップスで録音した。現在のレパートリーは18世紀から現代の作品まで幅広く、ニーノ・ロータ、エンニオ・ポリーノ、ヴァレンティーノ・ブッキ、ルイス・バカロフ、坂本龍一、エンニオ・モリコーネなど、多く作曲家たちからも楽曲が贈られている。

これまでに世界各地の主要な都市の劇場やホールで演奏しており、訪れた土地は数えきれない。各地で、幅広い世代のファンたちと強固な信頼関係を築いてきた。

結成70周年を迎える2021/22年シーズンは、ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、日本、韓国での記念ツアーが予定されている。2022年3月30日には、1952年3月30日のデビュー・コンサートを記念した特別演奏会がローマで開かれる。

イ・ムジチは、旧フィリップス・レーベルと長年にわたり専属契約を結んでいた。18世紀から20世紀の至宝の数々を収めたディスクは、フランス、オランダ、ドイツなどでレコード大賞を度々受賞しており、とりわけヴィヴァルディの「四季」には、プラチナムディスク大賞(ゴールドディスク大賞の上位にあたる)の称号が与えられている。近年は、ユニバーサル・ジャパンや、フォネ、ダイナミックレーベル、エピックレコード・ジャパン、ワーナー、ソニー・クラシカルなどのレーベルからCD、LPを発売しており、ソニーから発売した7度目の「四季」は記憶に新しい。2017年には、アルブレヒト・マイヤー(オーボエ)との共演で「イタリアの至宝」がドイツ・グラモフォンより発売された。

これまでにメンバーの入れ替えはあったが、その都度厳正なオーディションをメンバーたちが自ら行うことで、結成当初の信念や、培ってきた演奏技術を着実に継承してきた。最近は、音楽がより良い世界をつくる、という考えのもとに、特に若い世代への音楽教育活動を熱心に行っている。『音楽』という至福の贈り物を人々に届けたいと願う気持ちが、イ・ムジチが今日も愛され続けている秘訣なのかもしれない。

 

開催概要

開催日
2021年9月18日(土)
開場・開演時間
15:00開演(14:15開場)
会場
大ホール
会場補足
※くらら敷地内には一般駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
近隣の商業施設駐車場の利用はご遠慮ください。
チケット種別
有料
チケット価格
一般:S席6,500円  A席5,500円  B席4,500円  学生:全席4,000円
[くららフレンズは各席300円引き/学生席をのぞく]

 

※未就学児入場不可。有料託児サービスあり(公演1週間前まで要予約)託児申込書はこちら、ご利用案内はこちら

※車椅子席・介助者席はくららのみ取扱い
※学生券は公演当日の入場時、要学生証提示

※新型コロナウイルスに係る社会的状況により、配席や座席数が変更になる場合がありますので予めご了承ください。

※公演中止・延期の場合は本HP等に情報掲載し個別のご案内は行いませんので、予めご了承くださいますようお願い致します。
チケット発売日
公演中止に伴い、下記チケット販売は行いません。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

■くららフレンズ先行販売
くららインターネット・くらら電話:6月25日(金)10:00~

 

■一般販売
くららインターネット・くらら電話: 7月3日(土)10:00~

 

※密集を避けるため、発売初日は窓口販売を行いません。

※電子チケットをご利用いただけます。電子チケットご利用の流れはこちら

 
チケット取扱い
座席種別
座席指定
お問い合わせ先
くらら チケットセンター
電話番号:082-426-5990(10:00~19:00土日祝営業)
主催・共催・他
東広島芸術文化ホール指定管理者
チラシ
別ウインドウで開きます。
COMING SOON !!

くらら開館5周年記念 アンサンブルシリーズ第2弾

「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ブラスアンサンブル」


2021年11月24日(水)19:00開演予定 大ホール


 

世界3大オーケストラの一つ、オランダの『ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団』の金管セクションメンバーによって構成された

名門ブラスアンサンブルが、中四国地方に初登場!

チケット発売情報等詳細は、決定次第本HPにて公開いたします。どうぞお楽しみに♪