東広島市くららジュニアオーケストラは、「市民に愛される楽団」「東広島を代表する創造団体」を目指しています。

本年度は、小学3年生から高校3年生まで約70名の団員で活動をスタート。
東広島芸術文化ホールくららをホームシアターとし、合奏、パート練習を行っています。 6月12日(日)ひがしひろしま音楽祭出演のほか、12月25日(日)クリスマスコンサート、 3月26日(日)には第2回定期演奏会を予定しております。

【楽団運営のコンセプト・目標】

Culture

1.『心豊かな次世代人材を育成する楽団:演奏活動を通じて、子どもたちに音楽の楽しさと感動を学び体感させる』
~子どもたちが、音楽の楽しさを知り、ともに演奏する仲間を得ることで心豊かに成長する~

Creative

2.『優れた音楽文化を創造する楽団:高い演奏水準をもつ(一定程度の)ハイレベルの楽団に成長する』
~「全国のハイレベルな演奏会等」に参加できる演奏水準を目指す~

Civic

3.『市民に愛される楽団:東広島市を代表する創造団体、芸術文化ホールのシンボル事業としての実績と評価を得る』
~定期演奏会で1,200名のお客様を集客する~