入場無料

朗読ワークショップ in くらら『声に出して詩を読む』

朗読ワークショップ in くらら『声に出して詩を読む』

くらら主催・共催

※参加受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

詩を声に出して読んでみませんか? 

舞台や映画、テレビ、ドラマなど多方面で活躍中の

俳優の林 英世さんによる朗読講座です。

 

本の読み聞かせをしたい、

芝居に興味がある、

人と話すのがうまくなりたい等、

初心者でも気軽にご参加いただけます。

発声・発音をはじめ、声の可能性をさぐります。

 

 

【講 師】林 英世(俳優/大阪芸術大学舞台芸術学科講師)

【対 象】中学生以上

【定 員】15名(先着順)

【内 容】1日目:声を出すための準備、声の可能性をさぐる。声で遊ぶ。

     2日目:声に出して読む。

 

【申込方法】

2020年1月19日(日)9:00よりメール申し込み受付開始(先着順)

参加者の氏名・年齢・日中連絡がつくTEL番号を明記のうえ、

メールinfo@kurara-hall.jp(必ず受信設定してください)まで。

※先着順・定員に達し次第、募集を終了いたします。予めご了承ください。

 

■林 英世(はやし ひでよ) プロフィール
大阪府岸和田市出身。同志社大学の学生劇団を経て、マキノノゾミ主宰の「劇団M.O.P.」に入団。劇団解散後も、さまざまな舞台や映画、テレビなどで精力的に活動。2001年よりライフワークとして、古今東西の名作を朗読する「林英世ひとり語り」を継続的に上演。NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』(2011年)では出演のみならず「岸和田ことば指導」を担当。また、第35回吉川英治文学新人賞を受賞した和田竜『村上海賊の娘』の泉州弁監修も務めた。大阪芸術大学舞台芸術学科講師。
≪主な出演作≫舞台『イフィゲーニエ』(清流劇場、2014年)、映画『パッチギ』、TVドラマ『芋たこなんきん』、『純と愛』など。

公演日時
2020年2月28日(金)・29日(土)
開場・開演時間

1日目(28日):18:30~20:30 

2日目(29日):13:00~15:00 

会場
 

東広島芸術文化ホールくらら 3F

1日目(28日):305多目的室2

2日目(29日):308練習室・稽古場(小)

入場料

参加無料(定員15名・先着順)

チケット発売日

【申込方法】

2020年1月19日(日)9:00よりメール申し込み受付開始(先着順)

参加者の氏名・年齢・日中連絡がつくTEL番号を明記のうえ、

メールinfo@kurara-hall.jp(必ず受信設定してください)まで。

 

※先着順・定員に達し次第、募集を終了いたします。予めご了承ください。

問い合わせ先
東広島芸術文化ホールくらら TEL:082-426-5900
主催・共催・他

主催:東広島市教育委員会/東広島芸術文化ホール指定管理者

チラシ